専攻医
SENIOR RESIDENT

初期研修医から専攻医に進んだ先輩たち

  • 外科専攻医
    赤嶺 洸太
    出身大学|鹿児島大学
    トラブルが起きた時に対応できる力がついたのが1年目と2年目の違いでした。後輩に教えたり監督し、どこをどう改善しなければならないか教えなければなりません。自分ができる粋に達したことをいかに後輩に還元するかを考えたことで、1年目とは違う意味での成長ができました。
    最初は脳外科を志望していたのですが、消化器外科をまわった時に教育体制がしっかりしてて、手術もすごくたくさんやらせてもらえたため、そのまま消化器外科での研修を継続することにしました。飽きっぽい性格でもあるので、脳だけを一生診るより、食道や胃、肝胆膵と、多くの臓器を診られる方が自分にあっているのかなと思いました。
  • 内科専攻医
    高橋 茉理瑛
    出身大学|山形大学
    1年目は救急対応と手技で手一杯だったのが、「次はこうしよう」などと考えられるようになりました。他院と合同の離島研修において、急変が起きた際、他院の研修医よりもとっさに動けていたと感じました。そうした対応を日頃やっていなかったと聞いて、千葉西でよかったと実感しました。
    大学生の時から勉強で楽しいのが心臓でした。また、物理学や、数学の計算式が好きだったのですが、心電図や超音波検査がそれっぽくて循環器分野を志望し、千葉西で研修を受けました。心電図が好きなので不整脈に進みたいとは思いますが、最初はオールマイティに経験を積み、虚血性心疾患もしっかり学びたいですね。
  • 外科専攻医
    浅井 大智
    出身大学|名古屋私立大学
    医学部入学時から志望していた外科では手術の技術だけでなく、術後の管理に内科的な知識も求められます。忙しい毎日でしたが双方を経験できる数が他院よりも圧倒的だったのが、2年間で大きかったと思います。目の前で心停止した人の救命処置を行い、歩いて帰れるようにできた経験も本当に印象的でした。
    最初は呼吸器外科に興味があったのですが、今は消化器外科を志望しています。ここでは各臓器に細分化されておらず幅広い治療に携われ、合併症を持つ難症例の経験も豊富に積めます。その中でまずは絞らず勉強したいです。新しい治療を積極的に取り入れる病院なので、いずれはそこにも携われたらと思っています。