病院を知る
EXPLORE OUR HOSPITAL

院長・診療部長からのメッセージ

最初の2年間で
どのような医師になるか決まる
院長
三角 和雄
私自身の12年間に及ぶ米国での経験と現在の日本の医療環境から、次の3つの条件が研修病院の必須条件と考えている。
①症例の数、質とも十分で、かつ指導医が充実していること。指導医には質の高さも要求される。厚生労働省の研修指定病院や日本内科学会が認定する専門研修基幹病院などであれば、この条件は自動的に満たされる。②研修終了時、スタッフとして病院に残れる可能性があること。そうでなければ、就職先をまた自分で探さなくてはならない。③病院の経営が安定し、研修医の地位、待遇も安定していること。病院が経営危機に瀕していたり、研修医が生活のために平日外でアルバイトをするようでは、まともな研修が確立されるはずがない。
「鉄は熱いうちに打て」と言う。医師になってからの1~2年間で、どのような医師になるかが決まる。良き臨床医となって世の中の役に立てるか、自ら満足できる技術、態度を身につけられるかは、すべて最初の研修内容に左右されることを銘記していただきたい。
  • 圧倒的な症例数と症例のバリエーションに対応
    院長補佐・内科部長

    プログラム責任者
    宮本 憲一
    千葉西総合病院は救急患者を断らない診療、および全人的医療の実践を理念として、地域の医療を支えています。そして先進的医療に貪欲に取り組みつつも、奄美大島群島や沖縄離島の病院とも連携して、医師としてだけではなく人として卓越した医療者を育てていきます。680床という超規模病院であるだけではなく平均在院日数9日台、年間救急車搬入数10000台超と身のこなしは軽く、圧倒的な症例数と症例バリエーションに対応しています。そこには日々学ぶべき事象がちりばめられており、まさに実体験できる劇場といえるでしょう。当院で2年間の研修を終えたとき、絶対の自信と本当の自分の姿がおぼろながらでも見えてくると信じています。共に頑張りましょう。
  • 循環器領域で日本トップクラス
    循環器内科
    心臓病センター長
    三角 和雄
    心カテーテル治療では年間3000件以上と日本一の症例数を挙げています。それを支えるのが約20人によるチーム医療体制です。石灰化した病変を砕くロータブレーターや、血栓を蒸散させるエキシマレーザー、大動脈弁狭窄症を開胸せずに治療できるTAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)などの先進機器・治療をいち早く取り入れています。不整脈治療にも力を入れ、実績ある医師が在籍しています。こうした国内トップクラスの循環器内科で1年次からカテーテルの手技など様々な研修を行うことができます。
  • 低侵襲心臓手術を積極的に実施
    心臓血管外科
    心臓血管外科主任部長
    中村 喜次
    体への負担を抑えた手術を積極的に取り入れています。冠動脈バイパス術と弁膜症への弁置換・弁形成術のほとんどで、わきの下を5センチ程度切るだけで済むMICS(低侵襲心臓手術)が可能。ダヴィンチXiによるロボット支援手術も新しく開始しました。開胸・開腹せず、血管内から腹部・胸部大動脈瘤を治療できるステントグラフトも早くから開始し、累計1000件を達成しています。国内トップレベルの手術数で医学生見学でも人気急上昇です。
  • コモンディジーズから重症例まで
    小児科
    副院長・小児科主任部長
    金 鍾栄
    外来だけではなく、入院を要する重症例も診ることが多く、子供とそのご家族にも寄り添う診療を心がけています。疾患治療に加え、カウンセラーによる精神的な支援、リハビリスタッフによる発達支援なども提供。時間外診療も受け入れており、年間を通して多くの患者を受け入れています。
  • 多くの手術を腹腔鏡で実施
    ダヴィンチXiの導入も
    外科
    外科主任部長
    緒方 賢司
    消化器がん全般を院内で治療可能です。特に難度の高い肝がん、膵がん、胆管・胆のうがんの手術も積極的に実施。肝がん手術ではICG蛍光法を用いた腹腔鏡下肝手術で精度を高めています。腹腔鏡下手術に力を入れているのも特徴で、とりわけ胃がんでは手術の80%、大腸がんではほぼ全例に適応させています。直腸がんに対してはダヴィンチXiによるロボット支援手術も新しく導入しました。大腸がん、胃がんなどの手術件数は国内上位。1年次から術者も担当でき、研修を積極的に行うことができます。
  • ESD、内視鏡検査、
    両方の症例が豊富
    消化器内科
    消化器内科部長
    梅木 清孝
    ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を年間100例以上実施しています。広く行われる胃・大腸・食道だけでなく、実施施設が国内において数少ない十二指腸の病変までESDによる切除に臨んでいます。内視鏡検査の症例も多く、胃・大腸・食道に加え、微小膵がんの発見も可能な最新の超音波内視鏡などを用いた胆のう・胆管、膵臓の診断まで行っています。
  • ダヴィンチXiでの手術を
    国内でいち早く導入
    泌尿器科
    泌尿器科部長
    久末 伸一
    前立腺がん・腎がんに対するロボット支援手術を積極的に実施しています。そのために、最新のダヴィンチXiを千葉県で初めて導入しています。腎がんの切除範囲を見極める蛍光造影法や、前立腺がんの転移を調べるセンチネルリンパ節生検の臨床試験など、さらなる最新治療の導入も進めています。近年注目されている、男性更年期障害の治療経験も豊富です。
  • 開頭手術と脳血管内治療、
    両方で多数の実績
    脳神経外科
    脳神経外科主任部長
    熊井 潤一郎
    脳卒中の治療に力を入れ、他院とともに「松戸脳卒中ネットワーク」を立ち上げています。治療面では、脳神経外科専門医と脳血管内治療専門医が在籍し、開頭手術と脳血管内治療の両方が可能です。さらに、脳疾患に対する開頭手術や、頸動脈狭窄症へのステント留置術及び外科手術も積極的に行います。SCU(脳卒中ケアユニット)の28床という規模も国内トップクラスです。